menu

こんな方にオススメです!

移動販売車製作への想い

もともと私たちは車両の修理や板金をメインに行なっている整備工場でした。とあるきっかけで福祉車両の製作に力を入れるようになり、車両の本格的な改造のお仕事を数多くご依頼いただくうちに、様々なケースに対応できる技術力を身につけることができました。

そして、今やテレビや新聞で取り上げられている「とくし丸」さんとの出会いがありました。買い物弱者を救済したいというとくし丸さんの想いは、福祉車両を必死で製作していた自分の想いと重なるところがあり、移動販売車製作をさせていただくこととなりました。

現在、移動販売車は全国でも非常に注目されているビジネスの1つであり、海外でも需要の波が起きているほど、今後ますます可能性を秘めた業態だと考えております。

私たちの技術力が、遠く離れた地でお役に立ち、また新たなビジネスチャンスの一助になればと考えております。

代表取締役 大平宗也

私たちは今まで250件以上の移動販売車を製作してきました。移動販売車は様々な業種で使用されるため、それぞれに注意すべき点や、故障しやすい場所などが異なります。私たちマーキュリーは250件という数多くの製作を通して、こういう業種はここが故障しやすいとかこういう仕様にしておくと使いやすいといった経験に裏打ちされたノウハウが蓄積しています。このようなノウハウが納期を短縮し、さらなるカスタマイズにも対応力を発揮するのだと自負しています。こんなことがしたい、他社ではできないと断られてしまったようなご要望を是非ご相談ください。

移動販売車の多くはボデー型かハコバン型かに分かれます。ボデー型は写真左にあるように荷台があるトラック(軽トラ含む)がベースになっており、荷台の部分(ボデー)をカスタムして作られるタイプです。ハコバン型は、写真右のような、いわゆるハコバン(ハイエースなどの大型のワンボックスも対応しています)の内部をカスタムして製作します。
実は、それぞれのタイプを得意としている業者が異なります。ボデー型は、中古車販売店などが得意としています。そもそもベースに軽トラなどを使うことが多く、中古車販売店は安価でベースの車両を仕入れ、ボデー部分は外注して仕上げることが多いです。
一方ハコバン型は、車の内装を大きくカスタムするので、キャンピングカーを主に手がける業者が得意としています。
私たちはどちらの業態でもない自動車整備工場であるため、どちらのタイプも数多く扱ってきました。結果として双方のメリット・デメリットも理解しているので、これから移動販売ビジネスに参入していきたいけど、どっちのタイプがいいのかわからないという方は是非、マーキュリーにご相談ください。

私たちの本業は整備工場です。数多くの自動車の修理やカスタム、板金塗装を日々おこなっていますので、技術力に関しては他の移動販売車業者さんに比べてもアドバンテージがあると自負しています。 移動販売車は一台一台異なるオーダーに対応しなければなりません。私たちはそれに応えるためときには部品を一から作ることもやっています。
また、移動販売車は長距離を走行しますし、稼働時間が非常に長いため故障や不具合も一般の車に比べ多くあります。我々は修理のプロでもあり、信頼のおける協力会社と業務分担をしながら進めていきますので、修理納期も早く、クオリティの部分でもご安心いただけるかと思います。
大切な商売道具に少しでも長く活躍してもらうために、充実したアフターフォローで皆様をお迎えいたします。

今すぐ移動販売車の問合せをする

移動スーパーとくし丸

メディアでも数多く取り上げられたとくし丸の車両を製作しているのは弊社マーキュリーだけです。

移動図書館

マチ★アソビのコンテンツの一環として車で移動する図書館を製作致しました。

キッチンカー(中型車)

充実したキッチン設備でどんなジャンルの調理にも対応可能なキッチンカー

キッチンカー(軽)

キッチンカーの軽自動車バージョンです。キッチン設備も充実しており、どのようなジャンルの調理にも対応可能です。写真はうどん販売車。

モバイルオフィス

現場仕事で移動の合間で事務処理したり、移動先でお客様にプレゼンする際、車の中が簡易事務所として使えるととても便利です。

移動販売車→移動パン屋改造

もともと移動販売車だった車両を移動式パン屋に改造しました。中の棚をすべて取り払い、新たにパン屋用に棚を製造しました。

今すぐ移動販売車の問合せをする

初めて移動販売車ビジネスをはじめようという方も、すでに移動販売車でビジネスをおこなっている方でも、修理やメンテナンスをしてくれる業者を探している方でも、移動販売車に関することならなんでもお問合せください。
お問合せの際、どのようなことを移動販売車でされたい(している)かをお教えいただけるとやり取りがスムーズに進みますので、できる限り詳しくお教えいただけたらと思います。

大まかな仕様を確認させていただいたら、まずは概算のお見積りをご提示致します。
おおよその金額はページ下部の「よくある質問」に記載していますので、参考にしていただけたらと思います。

概算のお見積り金額をご覧になった上で、前向きにご検討いただける場合は、より詳しい仕様の打合せをさせていただきます。
多くのお客様はどのような環境で製作されるのかをご覧になりたいということで、弊社にお越しいただく場合が多いですが、こちらから出張することも可能ですので、その場合はご遠慮無くお申し付けください。

詳細仕様が確定した段階で本見積もりをご提示させていただきます。
内容・お見積りにご納得いただければ、正式にご発注という流れになります。
お客様の大切な移動販売車を心を込めて製作させていただきます。

いよいよご納車です。 ご発注いただいてから、おおよそ1ヶ月~2.5ヶ月ほどでご納車させていただくケースが多いですが、複雑な仕様の場合やご発注いただいた時期の弊社の混み具合などによっては、上記の期間内のご納車が難しい場合もございますので、ご了承くださいませ。
ご納車の方法に関しては、受け取りに来られるお客様が多いですが、お客様のところまでご納車させていただくことも可能ですので、ご相談くださいませ。
ご納車の際には、オーダーいただいた仕様が実現しているかを順番に確認致します。
使い方を丁寧にご説明させていただき、納車完了となりますので、初めての方でもご安心ください。

よくある質問

改造は承っております。仕様をご相談いただきまして、図面出し・お見積りをさせていただきます。 ※現状の車両状況・ご依頼の仕様によってはお受けできない場合がございますので、その際はご了承くださいませ。

だいたいどのくらいの予算がかかりますか?

移動販売車は使用するベース車両、搭載する設備によって大きく金額に差が出ますので、一概に予算を申し上げることが難しいのですが、少なくともこの程度の予算がかかるというご認識いただければ幸いです。

軽トラボデータイプ
(冷蔵庫なし)

車両(新車)
約80万程度
改造費
約100万程度

計 180万円程度

NV200タイプ
(普通車ミニバン)

車両(新車)
約180万程度
改造費
約160万程度

計 360万円程度

ハイエースタイプ

車両(新車)
約250万程度
改造費
約200万程度

計 450万円程度

改造することは可能です。 ただし、あまりにも狭い車両や、車両によってはかえって改造費が多くかかる場合もございますので、 現状のお車を見せていただいてから、最適な方法をご提案させていただきます。

はい、問題ありません。 かなり特異な改造をしている場合は修理が難しい場合がございますので、ご了承くださいませ。 まずはお問合せください。

正直に申しますと、設備の破損状況によりけりです。 ある程度の故障であれば、もちろん修理可能ですし、外装もキレイに仕上げてお渡しできますが、設備の破損がひどい場合(車両本体も大きく損傷していることが多い)は、新しく車両を用意して作り直した方が安上がりの場合もございますので、その際はそのようなご提案をさせていただく場合がございます。

今すぐ移動販売車の問合せをする
移動販売車ならマーキュリーにお任せください!

お問い合わせフォーム

お名前

電話番号

メールアドレス

販売業種

お問い合わせ内容

資料添付※2MBまで

メッセージは正しく送信できました。